調べてみた!

アルコール消毒液の車内放置は危険!車内放置してはいけないものまとめ!


新型コロナウイルスの感染がまだ落ち着きませんね。

私の住んでいる大阪も、毎日報告されている人数が怖くて。まだまだ油断は出来ません

感染予防のためにもしっかり消毒しようと思ってアルコール消毒液を持ち歩くようにしています。

持ち歩くときに
ついやりがちなのが、車にアルコール消毒液を置いておいてしまうこと。

でも、この時期の車内放置はとても危険

危険な理由と、放置してはいけないもの、まとめてみました!
 

 

アルコール消毒液の車内放置が危険な理由


アルコール消毒液は50%以上の濃度の製品が多く、常温でも引火しやすいです。

また、アルコール消毒液のエタノールは揮発性です。夏場の炎天下などで高温にさらされると、車内にアルコールが充満してしまいます。

 
そんな状態でたばこを吸おうとしたりすると、発火して火災になってしまう恐れも!!!

 

消毒液の容器が密封容器の場合は最悪破裂することがあります。

ちなみに、ウェットティッシュに含まれる程度のアルコール濃度だとそんなに問題ないですが、車の窓を少し空けておいた方がいいですね。

 

 

夏場の車内温度

初夏の車内のダッシュボードは温度が急上昇して70度を上回ることがあります!。
夏場なら黒い車なら79度!、白い車でも74度まで上昇してしまいます。

子どもやペットを放置してはいけない理由がわかりますね。。。(+_+)

 

夏場の車内に放置してはいけないもの

・スプレー缶
・ガスライター
・スマホ、ノートパソコン、携帯電話など電子機器
・電池
・未開封の炭酸飲料の缶・ペットボトル
・化粧品
・食べもの

少しの時間だから、と言ってついつい置いていってしまうものが一杯ですね。(+_+)

特に電子機器は認識していないことが多いので気を付けます!




 

我が家のアルコール消毒液

とはいえ必要なアルコール消毒液。

我が家では100均で購入したスプレーボトルに消毒液を移し替えてカバンに入れて持ち歩けるようにしています。

カバンに一つ入れておくと、職場でも外出先でもすぐに使えてとても便利ですよ!(^^)/

 

車内温度を上げないために。車用サンシェードを貼ろう

サンシェードを設置することは社内の温度、特に運転席と助手席の温度を下げる効果があります。

\おススメのサンシェード/

 

 

まとめ

我が家でもアルコール消毒液を車に入れて、外から入るときに消毒するようにしていました。

今日見てみたら、やはり少し暑くなっていたようで、すぐに実家にも連絡を入れて車から降ろしてもらいました!

暑さもまだまだ続きますので、放置しないように気を付けないといけませんね(+_+)

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

気温急上昇エアコン使用で新型コロナウイルスの感染のリスクって上がるの?? 新型コロナウイルスの感染が猛威を振るっていますが、5月に入って、急に気温が上がって暑くなってきました...

 

 

 ↓ぽちっといかがですか?
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ

 

RELATED POST